In America 3日目

皆さま、こんにちは。
写真をその都度アップしてきましたが、本日の研修が終了いたしましたのでご報告します。

さて、今日はいよいよロサンゼルスを出発し、モントレーに入りました。
モントレー空港に到着すると、飛行機の窓からも熱烈な歓迎振りをみることができ、その様子は、機長さんにも「すごいね!!」と言われるほどのものでした。
一生懸命練習した英語の挨拶はというと、完璧!・・・・・にできたひともいれば、その場の歓迎ムードのなか、ただただ握手しハグしていただけのひともいたように感じました。
でも大切なことは、会えて嬉しいという気持ちを伝えることです。
間違いなく、みんなの笑顔からはその気持ちがホストファミリーに伝わっていたと思います。

f0205780_1444582.jpg
f0205780_1444303.jpg
f0205780_14464117.jpg


その後6時からは歓迎会(Welcome party)が行われました。
パートナー、ホストファミリー、モントレー側の引率者などこのプログラムに関わる全ての人々が集まり行われたパーティーは、大変温かく、楽しむことができました。
f0205780_1447956.jpg

f0205780_14431535.jpg

f0205780_14473785.jpg
f0205780_1448170.jpg


モントレーの皆さまは、パートナー同士が早く打ち解けられる様にいくつかのゲームを準備してくれており、日本側の生徒を交えながら家族全員で楽しんでいる様子をみることができました。
f0205780_14433212.jpg

f0205780_14482364.jpg


またゲームの後は、事前研修のなかで練習した歌を披露しました。
外であったこと、すごく寒かったこと、私の段取りが悪かったことなど様々な悪条件が重なりましたが、みんなは見事に披露することができました。特にミッキーマウスマーチでは、その会場にいる全てのひとが一緒になり合唱することができ、貴重な経験を得ることができたと思います。
f0205780_14484331.jpg
f0205780_1449215.jpg
f0205780_14492061.jpg



ロサンゼルスを出発する際には、パートナーと上手くコミュニケーションが取れるだろうか、ホストファミリーにうまく溶け込めるだろうかと若干の不安を感じていたようでしたが、歓迎会の様子も見ると既に打ち解け、上手く言えないながら一生懸命英語で話そうとしているすがたをみることができ、私としてはひと安心することができました。また、参加生徒の持つ対応力の高さと未知なる可能性を感じることができました。

今晩は、パートナーとその家族と過ごす初めての夜です。
うまくいかないこともあるとは思いますが、一言づつコミュニケーションを取っていきましょう!
[PR]
by jw22m | 2010-08-08 15:12 | JW23(2010)